サポーター アップ&ダウン

30日に日本代表VSガーナ代表のフレンドリーマッチがガーナの勝利に終わった。でも私は実はそれどころではなかった。というのも夫の試合が翌日に控えていたから。

夫はガーナのプロのクラブを監督するのは2回目だけど、前回は「ハーツ・オブ・オーク」という、プロ野球でいうと巨人、みたいな存在のクラブにいた。夫は、成績はよかったもののマネージメントと意見が合わず、契約途中で解雇という形でクラブを離れることになってしまった。でもハーツサポーターの多くは、クラブが変わった今でも「ハーツコーチ!」と呼びかけてくれて、夫を支持してくれているようだ。31日は夫の現クラブVSハーツ、注目の一戦なのだ。「今度の試合はゴールしないでくれよ!」とか「ハーツが3-0で勝つんだから!」なんて声かけてくる周囲の雰囲気と、なにより夫のピリピリ感で、大事な試合ってことは十分感じられた。

そんな緊張感高まる中、私の方は別の理由で結構不安定だった。きっかけは29日。外国人の移住者でつくるインターネットサイトで知り合ったイギリス人女性とお茶することになり、初めて行く場所だからと早めに家を出て、意気揚々とトロトロででかけた。でも途中google mapでイメージしていたルートとトロトロルートが違っていて、想定外の場所で降りることになってしまった。乗り換えするバス停がどこかわからず、通りすがりの人に聞きまくったけど、全員言うことが違って全然みつからない。右往左往してしまい、タクシーやウーバーにすぐ切り替えればよかったけど、と変に意固地になるくせがでてしまったせいで、待ち合わせの時間がきてしまった。ごめんなさい、道に迷ってまだたどり着けません、と連絡すると「また来週会いましょう」と言われ申し訳なくてたまらなかった。教えてもらったことが間違いだらけだったこととか、帰宅してもしばらく気分を切り替えられず、大事な試合が近い夫をサポートするどころか、八つ当たりしてまた落ち込んだ。

そしてとうとう試合当日。今回は平日の午後なので、以前から日本人コミュニティの奥さま方を誘っていた。一緒に観戦してくれることになったのは大使館の奥さま方(お酒好き)。「第一回サッカー女子会」と命名され、ドライバー付きの赤ナンバーの車で送って頂けることになった!しかも各自ビール&おつまみ持参!がんばってる夫に悪いかな?と思ったけど、試合は楽しんで、っていつも言ってたし、のんでしまおう。

 

スタジアムの壁の外からのぞいてる人・人・人
いつもとは比べものにならない数 さすがハーツ
席のないところにも今日は大勢の観客

 

スタジアムは、いつもクラブが練習している場所。でも今日は様子が違う!付近は路駐の車で渋滞、向かいの広場は駐車場になっていて、通常のゲートは閉鎖。塀の隙間からのぞいてる人が山盛りでえらいことになっている。裏口に回ってなんとか車が入ったけど、観客席は椅子がいつもの倍くらい増えていて、ピッチを取り囲むものすごい人。たくさんの観客の前で試合ができて夫も選手たちも喜んでいるだろうな。

 

ハーフタイムが終わって戻ってくる夫とアシスタントコーチ
後半開始 逃げ切ってー!
試合終了 相手チームの選手と握手する夫 いい光景
観客席をほぼ埋め尽くすハーツサポーターへ何か訴えている夫 かなり興奮状態!

 

試合は前半に決めたゴールを、ディフェンスに徹した夫チームが死守し1-0の勝利!夫もハーツサポーターたちに向かって興奮して叫んでる。感無量だろうな。私も昼酒で早く酔いがまわっていい気分。良い試合だったし女子会も楽しかった!もう少し解説してくれる人ほしかったけど。

ここ一番で勝ったお祝いと試合前に迷惑かけたお詫びに、今夜は大好きな赤ワインで夫にも存分に酔ってもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です