ローカルな食とスーパー

久しぶりのガーナローカルフード

 

夫が招待して頂き、在ガーナ日本大使館を一緒に訪問。大使もサッカーに興味を示して下さって心強いかぎり。いつか一緒に試合観戦できれば嬉しいな。訪問後、近くのレストランで念願のバンクーランチ!バンクーはキャッサバ(イモの一種)とメイズ(とうもろこし)を発酵させて練った団子。指でちぎって魚のスープに浸しながら食べる。団子がひっついて丸まらないし、魚は熱いしで、手で食べるのは難しい。 味は酸味があって美味しかった。でも食べてたらちょっとびっくりするくらい大量のハエが集まってきたので、半分も食べないうちに退席。20セディ(500円)くらいしたのに残念。

 

いきつけの八百屋さん 並べ方が圧倒的
マッシュルームを量り売りしてくれる八百屋のおねえさん
スーパーの精肉コーナーのフレンドリーなおにいさん
種類多すぎ 何かわからないものもあり

 

食料品やお酒を買いに行くスーパー。駐車場にある八百屋さんは野菜山積みでテンション上がる!トマト、オクラ、マッシュルーム、キュウリなど結構買ったけどランチ代と同じくらいでスーパーの中より安い。
精肉コーナーはお肉の種類が多い。よくわからない生き物も。うちは冒険せず基本チキン。本日もチキンレッグ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です