ガーナへの移住 思い立ったきっかけ 3

両親と上司に退職と引っ越しを伝えたられた12月、変化が訪れた。サッカーの監督が仕事の夫に、アフリカ ガーナからオファーがあった。夫にとっては二度目のガーナ。前回はガーナプレミアリーグのクラブの監督で、プロ野球でいうと巨人みたいなかんじの歴史あるビッククラブだった。プロクラブの監督経験がない日本人ってことで、トヨタのエンジニアには無理だ!とか最初は結構たたかれたらしい。リーグが始まり、低迷していたクラブをリーグ1、2位を争えるところまで立て直したので、サポーターの熱狂的支持を集めることができた。私もそのとき2回ガーナへ行ったけど、試合の盛り上がりはすさまじかったし、道端でもスーパーでもCoach!King Kenny!コチート!とか声かけられたり写真撮られたりで、あれいつの間に有名人になっちゃったの?ってびっくりした。今回はそれから2年後で、別のクラブ。夫的には大好きなガーナにやっと帰れる!と大喜びだった。

私の方は、4月からの職も探さなくては、ということでツアーガイドに登録したし、ガイド募集を探し、外資の旅行会社の電話面接も受けた。しかし、希望の会社にはあえなく不採用。もっと経験や研修を受けてからにして下さいと。こんな英語力では仕事もまわってこないし、お客様にも失礼だ…と悩みだした。仕事がなく経済的に苦しくては、湘南での1人暮らしも学校で勉強を続けることもできない。

悩んでいるうち、ガーナが英語圏なので、英語を使わなくてはいけない環境で生活して英語力を向上させては?という案が浮上した。でも、夫の仕事は超不安定。成績が悪かったらすぐクビ。今までも、行ったと思ったら話が違う!ってすぐ帰ってきた、ってことも1度ではない。しかもガーナの監督の給料って正直良くないし不払いもよくある話。2人で露頭に迷うんじゃないか、と迷いに迷った。でも、私が一緒だと、すぐ辞めてやる!って状況のストッパーになるかもしれないし、駐在員クラスの生活レベルは到底無理だけど、ローカルレベルならやっていけそう。ということで思い切って行くことにした。

両親に再度打ち明けたら、夫婦はやっぱり一緒に暮らす方がいいと今度もすんなり納得してくれた。日本から遠い国だし、アフリカってことでやっぱり心配そうだけど。なんとか2人でやっていきます、って伝えた限りはやるしかない。日本に帰る家もない、ってことは夫の仕事先へついていくことになる。明日のことはわからない。日本に帰るかもしれないし、ずっと帰れないかもしれない。実感はないけどそういうことか、と感じていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です