脱出!やっぱり海!

いつも行く近所のガソリンスタンド併設のスポーツバー、バーというより近所の人たちのたまり場。何も頼まずに見に来る人多数!アルゼンチンの試合後は、メッシ対ロナウド、どちらがNo1かっていう言い合いが白熱しすぎ。いつもだけど議論がアツいガーナ人。

 

ワールドカップが全試合起きてる時間帯に見れてしまうガーナ、12時から20時くらいまで連日夫とサッカー観戦。アフリカ大陸の国の試合のときは家のTVで、それ以外は近所のスポーツバーへ。日本対コロンビア戦は大使館職員さんのお宅に集まってきっちり観戦もした。4年に1回だし、エキサイティングでおもしろい。でも、にわかサッカーファンもうおなかいっぱいです、さすがに飽きてきました。で、トロトロを乗り継ぎひとり海へ! 朝の通勤時間帯で満車トロトロばかり、結局40分くらい待った。途中のLapazのバスステーションでこぎれいなスタイルの白人男性が乗ってきた。「おはよう。どこまで行くの?」と思い切って声をかける。ドイツ人で、工事現場で働いていて毎日トロトロで通勤しているらしい。トロトロってタクシーみたいな料金交渉のわずらわしさもないし、いい経験だし、ドイツや日本と違って時刻表もないから遅刻しても言い訳できるしいいよねー笑、と意見一致で盛り上がる。私がサーフィンしにビーチへ行くというと、ペルーでサーフィンをした経験があるから行ってみたい!と言うのでサーフショップのことや行き方を教えてあげた。いつか海で会えるといいな。

 

1日1回の漁が終わって、みんなで網を修理したり、魚を分けたり。
器用にナイフを使って網を修理していた漁師のおにいさん。
このちっさい魚「Chuukwa」っていう名前らしい。表情で決めました。
おばちゃん、笑顔がいいのになかなか笑ってくれなかった。エビ持ってハイ、ニッコリ。
本日の夕食。揚げたらかなりちっちゃくなっちゃったけど、味は淡泊できすみたいでなかなか。

 

ビーチに到着したけどサーフショップオーナーBrettはまだ来ていない。波はサイズは結構デカいけどダンパーで良くないし、誰も入っていない。ビーチでは漁師や奥さんたちが作業中。のぞいてみると網を修理したり奥さんたちが釣れた魚を分けて?奪い合って?いるようす。フレッシュな魚食べたいなぁと思っていると、隣に座ってたおばちゃんが、すぐ揚げてあげるから買わない?と言ってきた。1匹5セディ(114円)でお買い上げ。

Brettは到着したけど、予定されていたサーフスクールは生徒が食中毒のため中止。あるあるやよな~わかる~つらいよな~。Brettは来週イギリスに帰国するため忙しいから今日は家へ帰りたいと言う。えー!ということは海私だけやん・・・。危ないし迷ったけどせっかく来たから少しだけやることにした。Brettが帰ったら海から上がってもショップに板を置いとけないので、近くの別のコテージ「Diggy Lizzies」に預かってもらうようお願いすることになった。オーナーのLizzyは60代?だけどドレッドヘアが似合うファンキーで親切なイギリス人女性、格好いい!

 

「Dizzy Lizzies」まったりするにはいい場所。お店のスタッフもフレンドリー。
久々のサンドイッチ。ベジサンドを頼んだけど、出てきたのはタマゴサンド。なんにも言わずいただきます。
映画撮影中。時々ロケに使われているらしい。
奥は出演者、手前はメイクさん。衣装、ペイント、ヘアメイクがユニーク。やっぱりどことなくゆるいムード。

 

がんばったけどほとんど乗れる波がなくつまらない。しかも雨季のせいで海水がめちゃくちゃ冷たくなっている。日本の秋頃、ウエットのセレクトに失敗したかんじで手足がかじかんできたので上がった。気を取り直して「Diggy Lizzies」でランチ。久しぶりにサンドイッチ的なものを食べゆっくりしてたら、隣でミュージックビデオの撮影が始まった。アップカマーの男性アーティスト、らしい。ミーハー魂が騒いで写真撮っていい?って聞いたらNo!ハイわかりましたよ、隠し撮りもしませんよ。サーフショップのある「Big Milly’s Backyard」をのぞくと、また別の撮影をしている。こっちはガーナの映画で、撮影OK。約束してた魚フライをもらいに行ったら、おばちゃんはローカルサーフキッズFrankのお母さん。Frankが頭痛で体調がよくないというので2セディ(45円)だけ多くあげた。(後で夫からウソかもよ、と言われた。ガーナ人のこの手のウソはよくあることだけど、ウソならちょっと残念。)

 

アフリカの安室「アフロ奈美恵」サーファーYBさんのパーフェクトな命名。似てる!波は悪かったけどトロトロの車窓から念願のアフロ奈美恵を撮影できてごきげん♡
お気に入りのジュースを売ってるお店。フルーツスタンド的なかんじ。ジュース最高に美味しい!
マンゴーは時期によって種類が違うみたい。今回の大きなマンゴーは繊維も少なくて美味しかった。おかあさんはまな板も使わず皮をむいて、手の上で上手にカットしてくれた。
小さなペットボトル1本(1.5セディ、34円)を2人でわけてこんなかんじで毎朝飲んでる。健康のためのサプリがわり。

 

帰り道、身体にいい気がして最近毎日飲んでいる「ビサップジュース(ハイビスカスと生姜のジュース)」を買いに路上のおかあさんのお店へ立ち寄る。「あれ、ご主人も来てさっき4本買っていったよ。」おぉなんてやさしくて気の合う夫だろう。でもせっかく来たから3本買って1週間分にしとこ。1個3セディ(69円)の大きなマンゴーも一緒に買うことに。おかあさんの見事な包丁さばきをほめまくったからか50ペセワ(11円)まけてくれた! いろいろ楽しい1日があっという間に過ぎる。やっぱり私はサッカー観戦よりサーフトリップ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です