一区切り、そしてまた変化する日々

昨夜成田に到着!ガーナで暮らして4ヶ月と2週間過ぎたところで日本へ帰国することになった。クラブと夫との約束の期間が満了したこと、ガーナプレミアリーグで3つのクラブを経験し、もう存分にやったと思えるから、待ってもらっていた別の仕事のオファーを受けることにして、ガーナは一区切り。でも、帰国予定の2日前までクラブがチケットを買ってくれないし、未払い分の給料は空港で手渡し。全てが最後までどうなるかわからなかった。That’s Ghana! いつものことだけど(笑) 時間がなくてお世話になった方々に挨拶しきれなかったのがすごく心残り。7月のあわや帰国、からの約1ヶ月半は、明るい楽しい、だけじゃないガーナを感じられた貴重な期間だった。

8/10以降ブログも書けてなかったので振り返ってみると、持病のヘルニアが再発したのがきつかった。ギックリ腰状態で立てなくなりパンツはくのも一苦労(自分でやりきった!) ジョグ、ヨガ、コアトレ、がんばってたのになんで?!って泣きそうだった。多分やりすぎと、ホテルの古いふにゃふにゃマットレスのせい。夫は日本から持ってきた愛用の「エアウィーブ」(高品質マットレス)を敷いて寝てたから大丈夫だったんだろう。このふにゃふにゃマットレス、最初は硬く思えても気づいたら身体(特に腰回り)が沈んでいくという要注意な低品質。痛みがきたのが夫のCAF(アフリカコンフェデレーションカップ)のホームでの試合直前。夫のサポートどころか介抱されているという情けない状況だった。試合も見に行けずひとり部屋で現地語のラジオを聞いて、結果に悔し涙をこらえた。その前のDRコンゴとの試合も負けていたので、ホームでクオリファイできないことが決定し残念な結果となった。勝利の女神が腰痛で応援できなかったせいだと責任も感じて辛かった。

そして夫が最後の試合でモロッコへ遠征した頃、ガーナ社会のダークな部分を感じ始めていた。最初は愛想よかったクラブのマネージメントが、7月分の給料未払いを催促したら逆ギレしたっていうのだ。(その後他の人から年配者の言うことは間違ってても正しいし、お金の催促はするなって言われたらしい、愕然。でも多くの場面で給料は遅れる) それだけでなくスターティングラインナップへの口出しなどの現場介入、メディアを使った印象操作も。自分は裏切りません!って言ってたアシスタントコーチさえ、負けたのは夫のせいだとラジオでしゃべった。ケガやマラリアの選手はマネージメントがペインキラー(痛み止め)を飲ませたり注射して強引に試合に出場させた。遠征に持ち込んだガーナ食が悪くなっていて選手が試合前に食あたりになった。ホームでの負け試合でうちの選手が、サッカークジの関係で裏金をもらってわざと負け試合をした、とかいう噂まで立った。とことんすさまじかった。きっとビジネスシーンではこんなことないけど、サッカー界では今もあたりまえのようにある現実。

自分の身近でも…。こっちで出会って仲良くなった女子高生と電話番号交換したら、数回の雑談トークの後「シスター、お金がないの」って言ってきた。ガーナ女子代表チームに選抜されたっていうので純粋に友だちとして応援していただけに、裏切られた気がして悲しかった。

日々起こる理解を超える事柄。わかりやすいうそ、お金の無心、給料未払い・不払い、絶対の年功序列、保身のための裏切り、医療についての理解不足、はガーナ社会では当たり前、自分の力でどうしようもない。私も身をもって体験するまでは、なんとかできるんじゃないかって思ってたけど、そうではなかった。ここで長くやっていくなら環境に順応するだろう。でもそれは自分の価値観や道徳観を変えることになるからしたくない。そうすると衝突もするし、警戒するんだろう。ガーナ人ひどいって思って心が疲れたこともあったけど、人は悪くない、生きていくために必要な術。そのことを理解できたら、ガーナ人の良さ、フレンドリーさ、日常にあふれるやさしさもきちんと感じられるようになった。

今回何よりの収穫は、夫の仕事の様子を間近で見れて、ガーナでの成功は過酷な環境で全力でやってきて手に入れたものなんだとわかったこと。これまでは自分の態度が問題じゃないの?っていう疑問もあった給料未払いやマネージメントとの衝突も、今では、ガーナなら仕方ないって100%理解できる。選手が一番わかってるようで、出発間際に数人挨拶に来てくれたし、連絡もずっと途切れない。同じ想いのコーチたちとは、かたい信頼関係が続いている。すごいことだと思う。

私自身はというと目標だった英語力向上は達成できず…。夫の仕事の状況が予測不可能で学校には行けずじまい、ドーマの田舎町に引っ越してからは英語を話せない人が多かったので、現地語でコミュニケーションしてたから。現地語の威力はものすごくて、めちゃくちゃ喜んでくれて仲良くなれた。

あといろいろ準備不足だったって感じてる。何もすることがない田舎町では特に、やりがいのある仕事や環境を選ばない趣味は必要だと感じた。ガーナ人と結婚してる人以外現地採用はほぼ不可能なので、日本でリモートワークをみつけて継続的な収入が入るようにしたい。ヨガもできるようになり、本もいっぱい準備しておこう。海があればもちろんサーフィン!ガーナの混雑ナシでいい波に乗れる海、絶対恋しくなるだろうな。腰も鍛えておかなくては!

 

写真で振り返るガーナの日々。

 

私の好きなガーナローカルフード第5位、ティラピア(白身魚)と蒸し野菜。これで20セディ(469円)。野菜をしっかり食べたい、でも生野菜はゲリPになる、って頃に蒸し野菜はヘルシーでたくさん食べられて助かった。
私の好きなガーナローカルフード第4位はパラボソース!野菜が多くて白ごはんにぴったり!白いかたまりはヤム(山芋)なので食べすぎ注意。
私の好きなガーナローカルフード第3位はTZ!ネバネバとフフのトロトロが絶妙!
私の好きなガーナローカルフード第2位はパイナップル、じゃなくてやっぱりマンゴー!ほぼ毎日食べてた。その場でスライスしてくれて1個2セディ(46円)って最高!
私の好きなガーナローカルフード堂々第1位は「グラノッツ」ってよばれてる皮付きピーナッツ(50ペセワ、11円)。ガーナで一体何袋食べただろう? いつも小腹がすくと食べてた。日本のとは違う香ばしい味、きっと恋しくなるだろうな。
私の好きなガーナローカルフード ~ドリンク編~第1位はローカルビールスターを抑え、ソボロ(ハイビスカスジュース)! 一度フルセット揃えて手作りしてみた。甘さが調節できて美味しかったな~。重量オーバーで花びらを泣く泣く置いてきた。切ない。
好きだった夕暮れの散歩道。あれはヤギ?いやいや羊やろ?とか言いながらのんびり歩いてたなぁ。
夕方になると、町中でローカルフードのフフをつく音がする。
私もちょっとつかせてもらった。臼が小さくてねらいを定めずらい。なんともへっぴりだった。
アクラ日本語補修授業校のみなさんから頂いた色紙。短い期間だったのに心のこもった見送りをして頂いて感激だった。
灯台を見てからゆっくり見てまわりたいと思っていた歴史ある港町、ジェームスタウン。そこで感じたのは貧困のすさまじさとやるせなさ。負の遺産が現在に続いている気がしていろいろ考えてしまった。
このときは練習中の夫の写真を撮る必要があり、練習を密着撮影した。夫の気迫、選手の懸命さが伝わってきた。
スタジアムで一緒に遊んでた近所の子どもたち。まっすぐの髪の毛や白い肌がめずらしいのか、さわりまくられてた。人懐っこい子たち、かわいかった。
動物と共存してるドーマの町。ピッチにもよく遊びに来てたご家族。のどかさはガーナの魅力。

 

これからの拠点は夫の仕事の関係で京都!海外生活が長いため外見日本人中身外国人、日本での社会人経験ゼロである変人の夫が日本で働くことになるなんて、人生何があるかわからない。やっぱり変化こそ人生、いつでもどこでも日々を楽しめる自分でいたいと思う。

 

近い将来、より良い形でまた来れますように!

 

 

とっても日本人な1日

 

お店のおにいさんとインターナショナルスクールの生徒。笑顔がいいね。
生徒たちのランチ注文表。今度は私も!
木陰にあるお店にはお菓子、ドリンク、チキンのから揚げなんかが売っていてみんなが立ち寄る。
まるで日本?みたいなゴルフ場がまちなかの日本語補習校のすぐそばにある。

 

今日の午前中は日本語補習校にて、授業はないけど、私が受け持つ生徒のお母さんと今後の授業の進め方について面談。早く着いたので近くのローカルなお店で時間つぶし。補習校の隣のインターナショナルスクールの生徒たちがランチを予約しにくるシステムに興味津々、今度私も試してみたい。

私の生徒は、日本人のお母さんとガーナ人のお父さん、4人の子どもたちのファミリーで、上のお子さん2人とお母さんはアメリカのニューヨークで、下のお子さん2人とお父さんがガーナで暮らしている。お母さんが一時帰国した今回会うことができた。息子さんの勉強方針を伺い、そのあとガーナの学校教育やお母さん自身のこと、ガーナでの生活のことなどいろんな話を教えて頂いた。

ガーナの小・中学校には公立・私立・インターナショナルスクールがあって、授業料無償だけど、それぞれプリント代などは結構かかり、公立⇀私立⇀インターナショナルで経費はゼロがひとつ増えていくそう。高校はすべて公立となり、中3の全国統一テストでいく高校が決まるそうだ。息子さんは現地校では1.2位の成績優秀な生徒で、中2のとき飛び級で高校に行けるレベルだったけど、希望の高校じゃなかったから1年待つことにしたとのこと。夢は科学者!素敵だ。きっとなれるね。補習校の生徒たちの夢は、医者・宇宙飛行士・テニスプレーヤーと大きくて輝かしい。近頃の日本の子どもたちの夢ってなんだろうって考えてしまった。

文通を通じて知り合ってガーナで結婚されたドラマチックなお2人。なんとお母さんのニューヨークの勤務先のボスが夫のチームの元選手!世間は狭いですねーともりあがった。シンガーソングライターとしても活動されているアクティブな方。お土産まで頂き感謝です!

 

日本人会総会が開催されたチャイニーズレストラン。
にぎやかに盛り上がって、2時間あっという間。
隣の席の若くてバイタリティある女性は、ネイルなどの美容ビジネスをガーナで展開中。
手話の歌を歌う子どもたち。まちなかでも手話で会話してる人たちを時々みかける。これがきっかけになって手話に興味を持つ子どもが増えればすばらしい。
太鼓クラブの演奏。すごくかっこよくて響いたなぁ。掲載OKもらってなかったので顔消してしまってごめんなさい。
ワインはビンゴでゲット。焼酎といりごまはご好意で頂いた。グリーンティー、カレー、CDは生徒のお母さんからのプレゼント!

 

午後は年に1回の日本人総会に参加。現在ガーナには370名の日本人がいるそうで、今日は100人弱くらい?の日本人が集まっていた。両サイドのきれいでアクティブな女性2人といろんな話をしたり、ガチと評判のサーファーの方とようやく出会えたり、日本食材争奪かのようなビンゴでいろいろゲットしたり、短い時間だったけど楽しめた。特に補習校の子どもたちの手話の歌や太鼓の発表はみんな堂々としていて誇らしかった。太鼓の音も好きだし印象的。やっぱりやってみたい。これからもいろんな人と知り合っていけたらな、と思う。

トロトロトリップ!

トロトロからの風景もトロトロ

 

今日はガーナで必要不可欠な交通手段トロトロに乗って、アクラ日本語補習校のお手伝いに行く。夫は練習で朝の4:30(真っ暗の中準備できるのか疑問)に出かけたので1人で向かう。google mapだと車で約40分かかるというので、8:45スタートのところ7:00に出発。なんせいつも道は大渋滞だし、かなりおんぼろのトロトロにはいつ何があっても不思議じゃない。

まずは大通りまで出て通りすがりのトロトロをつかまえる。その前に「あなたの幸福を一緒に探しませんか?」的なおねえさんに私がつかまる….。ガーナでも活動してるんですね。

方角があってるだろうと「アクラセントラル!」っ叫ぶと乗せてくれた。道は土曜の朝だからか結構空いてる。45分くらい走ったところで、乗客のおねえさんが「ここがあなたが降りるとこよ」と教えてくれた。全然関係ない人に親切にしてもらうことはよくある。特にガーナでステキと思ったのは、頭に重い荷物を載せてる女性が、それを載せたり降ろしたりするとき、そばにいる男性がすぐ手伝ってあげること。すごく自然で気持ちいい。

 

学校近くのバス停 時刻表はないけど確かに3分以内でトロトロは来る
アクラ日本語補習校
校舎の壁 思い出のサインかな

 

その後は無事乗り換えできたが、乗客が私ひとりだったせいか、若い運転手にガイジン価格をせびられた。ぼったくりってわかったけど、ちょっといいお昼食べれるかな、ということで大目にみる。学校にも無事一番乗りで到着! 授業は、かなり苦戦。小5の国語だけど、短い文章でも状況把握が難しそう。シーンを絵に描いてみてっていうと私より絵心あって上手! 私の受け持つ生徒は今中3で、6月にある進学する高校のレベルを決める試験を受けるため、受験勉強も大変らしい。受験が終わったらもっと楽しく日本語を学べるようにしてあげたい。

 

トロトロだらけ!「37ステーション」という大きなバスステーション
これで1セディ(24円)お昼がわりに
お買い上げ後、写真撮らせてって言うとうれしそうにOK
日用雑貨屋さん
お菓子屋さん

 

帰路は、ビジネスミーティング中の夫に合流するため、さらに遠くの目的地を目指すべく、大きなトロトロステーションへ。数えきれないトロトロ、お店、物売りの人たちですごい熱気。窓からプランテーンチップスを買ってつまみながら待つけど一向に出発せず。これはいつになるやら…ってことであきらめて家に帰ることにした。朝の逆バージョンなのでスムーズに家の近くまで行けて、今日の移動は往復30キロ、交通費は8.4セディ(約200円)! 初めての場所はちょっとドキドキなトロトロだけど、降りるバス停の名前もメモったし、みんな親切に教えてくれるから来週からは大丈夫そう!

 

 

日本語の難しさ

小5の国語の指導書 
こんなに難しかったっけ?
漢検合格も目標のひとつ 日本の学校へ行ったときにスムーズに入っていけるように子どもたちがんばってる

 

今日はアクラ日本語補講授業校を見学に行った。知り合いの方が紹介してくれて、代講講師としてお手伝いすることになりそうだから。生徒は、駐在員の子どもやガーナ人と日本人のカップルのハーフの子どもたちで、小1~中3まで10数人。学年ごとにボランティアの大人や高校生が国語と算数(数学)を教えている。今日は中3の男の子が勉強している、小5の国語と中3の数学を見学。国語は得意な方だったけど、今回はかなり様子が違う。単語の意味を確認しながら進めるけど、自然に使っている単語の意味を改めて説明するとなると本当に難しい。予習は必須! 数学は因数分解をやっていて、ちんぷんかんぷんでお手上げ。 正直教えるのは苦手だけど、自分に何かできることがあれば、ということで、これから毎週土曜日に小5の国語の授業をもたせてもらうことにした。がんばってみよう!

休憩時間は一緒に見学していた夫と子供たちでサッカーが始まった。石ころだらけの空き地で、ボールはドッチボールだからあっちこっちに転がってしまう。でもみんなすごく楽しそう。夢中になって遊べる子どもっていいな。充実した時間を過ごせる土曜日になりそう!