フィジオが町にやってきた

負傷者続出の夫のチーム。CAFコンフェデレーションカップのノックアウトステージへ勝ち進むためには、次の試合にどうしても勝たなければいけない。そこでケガ人のケアのため、急きょ青年海外協力隊員でフィジオセラピスト(理学療法士)の山田くんがドーマに来てくれることになった。フィジオ山田(と八橋家では勝手に呼んでいます、失礼!)くんは亀山市出身の三重県人で、夫の前チームも診てくれてとてもお世話になっている。ガーナでは、試合の際はルール上資格のあるドクターがベンチに入るけど、普段の練習はマッサー(マッサージ士の略?)と呼ばれる人がケガの応急処置などをしている。でもマッサーは無資格で正しい知識もなく、捻挫と思われるようなケガでも患部をグリグリまわしちゃったり、ひもでしばるという呪術のようなおそろしいやり方で対処する。選手は何かやってもらって治った気になるらしい。病は気から?いやいや大事な試合で最高のパフォーマンスができるように、ちゃんと治しとかないとダメでしょっ、てことで専門家にお願いすることになった。

長距離移動を経てドーマに来てくれたフィジオ山田に、スタジアムやドーマの町を紹介する。任地以外にもいろんな町を訪問して治療や、回復のためのライフプランまで様々なアドバイスをしている彼にとってのドーマは、道路もとても整備されているきれいな田舎町、という印象みたい。滞在中は私たちと同じホテルに部屋をとり、夜はチキン、朝は卵サンドイッチと名物を食べながら、仕事のこと、サッカーのこと、「明日、あさっての次はささってやよなっ!」のような三重県の方言のことなどを話した。久しぶりに夫以外の日本人と会話できてうれしかった。

 

痛いところは足だけじゃなくて腰もなんです、って言ってるトップバッターの選手。
彼も足、腰が痛いらしい。隣でマッサーが真剣に見てる。
この時点でもかなり痛みが残っていたゴールキーパー。
これはしかるべき検査を受けた方がいい…というしこり発見後のようす。
キャプテンの超しっかりした身体も調整。彼も腰痛。
肩甲骨をやわらかくするためのストレッチを教えてもらっているところ。
いつも一生懸命な選手。説明する目も真剣そのものだった。
聴診器が出てきたときは目がますますまん丸になってた。気になって視線が離せないようだった。
いつも全力すぎて疲労がたまっている彼には、脱力するために股関節をゆるめるストレッチを伝授中。

 

ケガをしている選手にはスタジアムに集まってもらい、現在のケガの様子とこれまでのケガヒストリーをヒアリング後、今痛みのある箇所を診て、ストレッチ方法・筋トレ方法・素足ラン・休息の大切さなどをアドバイスしてもらった。数日前の試合中に突然の痛みで倒れたゴールキーパーは足にしこりが見つかり、CTスキャンか超音波で検査することを勧められた。彼はその後すぐにCTを撮ったおかげで、原因と治療法がわかったとのこと。痛みがおさまればあきらめてたCAFの試合にも出られるかも!他からもオファーが来ているほど実力と将来性のあるゴールキーパー、彼はきっとフィジオ山田にすっごく感謝していることだろう。彼はラッキーで、きちんとしたケガのケアがなされず、選手生命を短くしている選手がいっぱいいるんだろうな、とガーナサッカー界の現状に辛くなった。

 

施術の合間に応急処置についての説明。マッサーとポーターの3人が聞いてくれた。

 

マッサーだけでなく、用具類の管理をしているポーターの2人も、フィジオ山田から、まずケガをした選手の状態を聞いてね、などケアの仕方を教わっていた。これでスピリチュアル方式がなくなればいいけど。

 

遅れたけど、どうしても診てほしい!と言って追いかけてきたので、バスステーション前のお店で急きょ施術スタート。
お店はただのお店ではなく、ライフル銃屋さんだった!銃は目と鼻の先!!こわっ!
落ち着いて施術するフィジオ山田。さすがです。

 

治療が終わると、忙しいフィジオ山田は次の仕事先へ。バスステーションへ送っている途中、予約の時間に来なかった選手から、どうしても自分も診てほしいと泣きの電話が入った。そんなにごねるなら時間通り来ればいいのに!もう移動のバスのチケットもおさえててバスステーションに向かっているからダメ!と断ったら、なんとバスステーションに現れた。ガーナのお決まりでバスは乗客が集まるまで発車しないので、待ち時間の間施術してくれることになった。選手がこの中で、と言うので行ってみたらなんとライフル銃屋さん!えー!開けっ放しやったし誰もおらんかったけど・・・。ハラハラしながらも狭い店内にヨガマットを広げた。予定の人数をなんとかこなしてもらい、フィジオ山田とお別れした。無理聞いてくれたおかげでチームのためになりました。山田くん本当にありがとう。お世話になりました!

その後、診てもらった選手たちは、トレーニング開始前にアドバイス通りストレッチなどをきちんとこなすようになっているそうだ。ある朝私がジョグしていると、ライフル銃屋さんで診てもらった選手も走っていてすれ違った。彼はにこにこしながら「これでぼくの足はもっと良くなって強くなる!」って言う。かわいいやん!と思いながら覚えたての「カクランカクラン!(少しづつね!)」で返した。みんながんばれー!なんにもできないけど、ちょっと母っぽい気持ちになってるけど、応援してるよー!