わたしの贅沢

土曜日撮った唯一の写真。クラッシックな教会。毎週日曜は町の人たちが着飾って教会へ集う。ガーナ人は着るものにこだわる人が多く、TシャツにもGパンにもアイロン必須。しわしわの服を着てると軽蔑されるとか。服を買ってお金なくなって、友達や同僚にお金を借りる人も多いみたい。

この週末は土日とも海!なんて幸せ。土曜はYBさん、日曜はMさん・Oさん・夫と一緒に。土曜は太陽のまわりの虹「HALO」の下、貸切でいい波に乗れて最高の1日だったけど、写真撮れず。次回は水中カメラを持って行って撮ろう!
日曜はサーフショップオーナーBrettが水曜日にイギリスへ帰国するので見送りも兼ねてKokrobiteビーチへ。ガーナローカルライフの達人の2人はいろんな役立つ情報を教えてくれて、からりと明るくていつも笑いが絶えない。とても大事な存在。夫も気を使わずいろんな話ができて楽しそうだったのがなによりだ。

 

入水前の波。まだおだやかだけど徐々にインサイドが凶暴に…。

 

サーフショップオーナーBrett。しばらく会えないけどまたね! イギリスでもいい波求めて動くんだろうな。

 

日曜の波は頭くらいのダラダラ。アウトに出るのがちょっとめんどくさそう。インサイドにはBrettとスクール生、沖のサーファーは1人だけ。一緒に来たメンバーはノーサーフなので海に人がいるうちにと早速入水!カレントに乗って割とスムーズにアウトに出られた。アウトにいたのはフランス人男性。彼、Charlesはガーナの他のポイントでもサーフィンしてきてKokrobiteは今日が初サーフ。一緒に来た彼女はアクラ近くで仕事してるけど彼は一ヵ月の休暇中。ハッピーだねって言ってから、私も仕事せずサーフィンばっかりの贅沢な毎日だと気づく。いつまでこんな生活を続けられるかわからないから、満喫しようと改めて思う。しばらくグーフィーの彼とレギュラーの私で波をシェアして、気づけば彼は海から上がってた。その後は潮が上げすぎでバックウォッシュが激しくて、沖からと岸からの波がぶつかったところで飛べそうなくらいだった。こわっ。あきらめて私も終了。

 

これが「ワガシ」和菓子じゃないけど酸味があってチーズっぽくてスナックみたい。きな粉?がまぶしてあって好きな味。
さとうきび(1本2セディ、46円)を初めて食べた。小さくカットしたものをかじって、砂糖水を吸うかんじ。後味すっきりでピュアな砂糖ってこんな味なんだ、ってわかった。
映画の撮影が続くKokrobiteのコテージにいた女優さん。この人たちじゃないけど、夫に「愛人いらない?」って声かけてきた人がいたらしい。丁重にお断りして頂いたそうで。外国人はみんなお金持ちと思っているらしい。
こちらも映画出演の俳優さん(多分)現れたとたんみんながざわめいたので、きっと有名人だ!と写真撮ってもらった。ヘアスタイルがすてきです。

 

海上がりはみんなでピザ&ビールでワイワイ。「ワガシ」っていうチーズみたいな味の揚げものや、さとうきびに初トライ。どれも知らなければ試せないから教えてもらってその美味しさを知ることができてとてもラッキー。のんびりリラックスな日曜日だった。

メローなアフリカンアーティスト

いつも行くサーフポイントKokrobiteビーチ前に「Big Milly’s Backyard」というコテージがある。コテージのデザイン全般を手掛けているアーティストのKOKU AKNYTSE と出会ったのは2年前。自分の作品のウェブサイトができたらいいなぁと言ってたので、かわりにこのブログでミニギャラリー的に紹介するねと約束した。いつも笑顔で絵を描いているとてもメローなアーティストだ。

 

Big Milly’s Backyard エントランス。ここからKOKUの作品が始まる。
コテージ内のレストラン
BARに続くゲート。ポップな色合いでウエルカム。
コテージはほとんどがプライベート。建物それぞれがKOKUによるデザイン。
ちょこんと描かれている動物のかわいらしさ!
テキスタイル、壁、素朴な女性の絵がマッチしていて落ち着けそう。
コテージ全体がナチュラルな絵と色合いで統一されてる。
制作中のKOKU。

 

KOKU AKNYTSE
TEL +233 26 910 3695
ご興味ある方はご連絡下さい!

 

Big Milly’s Backyard